専業主婦がいろいろもがいてみた。

子育てもちょっと落ち着いてきたころ・・・運転免許取得が転機となって、なんか色々やってみよ!と俄然やる気MAXおばさんの日常です。専業主婦でも、小さなことから色々できるよね?と日々何かと戦う・・・そんな毎日を綴っています。何もない日も良い日だな~。

前職の話と働くということ:ちょっとまじめな話

 

 

f:id:htsr8:20180127184218j:plain

 

 

もがです。

ちょっとまじめな話をします。私の前職のお話です。

 

私の前職は、結構固めの仕事でした。私は基本的に働くことが好きです。実家から離れ遠方で働きだして、周りと協力し、助け合いながら働いた経験は今でもかけがえのない思い出です。

 

でも働きだすと徐々にほころびも出始めるんですよね。正論ではいかない部分というか。私の仕事は、税金で給料をいただくものでした。だから常にいかに残業せずに、時間内にどれだけ多くの業務を終わらせるかを意識しました。でもそうじゃない人もいっぱいいる。頑張れば頑張るほど、どんどん膨らむ仕事、でも時間内に終わらせたい。

 

気付けばどす黒い感情が心の中に積もっていきました。人と比べても意味がないのに、業務量と就業時間を比べたりして。あの頃の私は本当にちょっと病んでた。当然私生活もなんだかうまくいってなくて。仕事から帰って、ご飯を作る気力もない。コンビニのご飯をほうばっていると、胸が詰まって泣きながらご飯食べてたなあ。

 

子育てをするようになって、改めて思います。人って暖かいな、人っていいなって。頼ることは悪いことじゃないなって。そして雑談する時間も惜しんで、仕事をしてた自分を思い出します。もっと肩の力を抜きなよ。いいんだよ。

 

あの頃の私は、気付けなかった。いっぱいいっぱいになって、一人でどんどん殻にとじこもった。仕事の合間に実家に帰省して、母に「あんた顔つきが変わったね」と言われたこと。あのときどんな険しい顔をしていたんだろう。自分なのに自分でないような、毎日忙しいのに、灰色の空っぽのような気持ち。

 

その後、奇跡的に長年つきあっていた旦那と結婚して、旦那の転勤で仕事を辞めることになりました。名残惜しかったけど、私には良かったのかもしれない。

 

 

 

また働きたいです。そして次はどんな風に働こうかって思います。

 

 

次はいい顔をして働いていたい。そう思います。

きっと、あの時があるから、今があるんだと思う。

 

あなたはどんな顔をして働いていますか?

 

良かったら押してください。励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村